人生を変えたい人へ。転職というリスクのススメ【30代からの挑戦】

人生を変えたい時の行動。リスクという転職転職
てつこ
てつこ

なんとなく会社員として過ごしてきたけど、このままでいいのかな?

30代になった今、これといったスキルがないんです。

 

これは僕自身が30代前半の頃に悩んでいたことですが、こんな風に悩む30代の方にとって役立つ記事を書きたいと思い、筆を取りました。

 

僕がおすすめするのは「転職というリスクを取る」こと。

 

もしまだ転職を経験したことがなく、現状を変えたい事情に悩んでいる方がいたら、一度リスクを取ってでも転職を検討してみることをおすすめします。

 

なぜリスクを取るのがいいのか、リスクを取ってまで転職したらどうなるのか?

僕自身の経験をもとに、解説していきます。

 

てつごろう
てつごろう

リスクを取るのは怖いけど、行動しなければ何も変わらない。

そんな話なんだよ。

 

 

1. 30代で人生を変えたいならリスクを取ってみましょう

人生を変えたい時の行動。リスクという転職

30代の方で、人生を変えたいと考えているということは、仕事内容、会社、職場環境、人間関係もしくは自分自身に対して何かしら不満や不足を感じているのだと思います。

 

そういった境遇の方に僕がおすすめしたいのは敢えて「リスクを取る」こと。

なぜなら、リスクは大きな転機にもなる可能性があるからです。

 

1-1. リスクは怖いけど行動しなければ現状は変わらない

リスクを取る具体的な行動例として僕がおすすめするのが転職です。

 

30代となれば結婚している人も多いと思いますし、お子さんがいる方もいますよね。

社会人として10年目を迎える時期で、中には10年以上、同じ会社に勤めてきたという人もいると思います。

そういった中での転職は簡単なものではありません。

そのため転職という大きな決断をする時は、慎重な判断も必要です。

 

一方で、今この記事を読んでいるということは現状に満足していないというのも事実だと思います。

 

現状を変えるためには、何かしら「今までとは違う行動」を取る必要があります。

転職でなくても、部署異動でもいいかもしれません。

あるいは上司や同僚に相談する、提案する、といった行動でもいいと思います。

 

転職とは比べ物にならないかもしれませんが、例えば企画を提案するにしても、その企画を検討する時間、上司に提案する時間、企画書を作る作業、実行するためのコストなどなど、代償が発生しますよね。

 

大きさは違えど、行動することには何かしらの代償が発生する。

でもリスクを恐れて何も行動しなければ、現状は変わりません。

 

2. 30代でリスクを取って人生が変わった話

人生を変えたい時の行動。リスクという転職

僕は34歳で初めて転職をしました。

「そこにいれば一生安泰」と思われるような大手IT企業から、未経験のWeb業界に飛び込んだのです。

 

大手企業にいることの安定よりも、Webのスキルを身に付けて自分で稼いでいくことを選びました。

 

従業員2,000名以上の企業から200名ほどの制作会社にWebディレクターとして転職しましたが、かなり厳しい現実を目の当たりにしました。

もともとWebサイトを作るスキルもないし、ディレクションのスキルどころかプロジェクト管理の経験すらほぼゼロ。

また、大企業では当たり前のように存在していた福利厚生が無かったり、本業以外の業務を他部署から日常的に依頼されるという風土は、すごく戸惑いましたね。

 

もちろん、大企業には無い、良い面もたくさんありました。

裁量の大きさ、上層部の意思決定の速さ、家族のようなまとまり感などです。

 

自分がやりたいと思ったことをやらせてもらえたので、とても充実していました。

でもやはり、転職してからの数年間は正直とてもキツかったです。

 

2-1. なぜリスクを取ったのか?

そもそも、なぜ僕がリスクを取って転職をしたのか?

大きくはこの3つです。

 

リスクを取った理由

  • 自信を持てるスキルや経験がないことに気づいたから
  • 浪費癖のために貯金がわずかで、将来に不安を感じたから
  • 大手企業でも安心していられる保証がないと思ったから

 

僕がIT企業に入社してから特に20代までは、自動的に入ってくる給料に安心し切っていました。

一方で、できる同期はどんどん成果を上げたり出世したり、早々に転職していた。

 

そんな周りの状況に焦りを感じながらも、好きな仕事をしたいと考えて異動したら残業が減り、同時に給料も激減。

 

気づけば、特別なスキルもない、経験は中途半端、大きな成果を上げたこともないという状態にいることに気づきました。

 

これはまずいなと感じた時、ある人との出会いから、自分を変えるための転職という選択を取ることにしたわけです。

 

2-2. リスクが大きくて苦しんだ分、収穫も大きかった

でも苦しんだ分、収穫が大きかったのは確かです。

 

リスクを取って得た収穫

  • Webサイト制作とディレクションの経験、スキル
  • チームビルディングの経験
  • 後輩への指導経験
  • 挑戦する経験の大切さ
  • 難しい問題があってもやり遂げる忍耐力

 

僕自身が描いていた、自分の力で生き抜いていくためのスキルと経験を得ることができました。

特にWebサイト制作のスキルについては前職では得られなかったと思います。

チームビルディングに関しても、おそらく転職していなければ経験しにくいものだったと思います。

 

もちろん、あのまま大手IT企業にいても得られたことはあると思います。

 

ただ僕の場合、敢えて大手企業にいることの安定を捨てて(リスクを取って)でも、Web業界へ飛び込んだという経験は、大きな自信になりました。

 

守りたい現状とか、安定した環境がある中での攻めに転じるという行動は、厳しい決断になります。

しかし厳しい決断をしたからこそ、それに見合うだけの収穫もあったのだと思っています。

 

3. あなたにとって「安定」とは?

人生を変えたい時の行動。リスクという転職

人生を変えるために、時には転職という大きなリスクを取る必要があること、大きなリスクに見合うだけの収穫を得られたという僕の経験談をお伝えしました。

 

大手IT企業にいれば、少なくとも安定的な収入という面で心配することはなかったと思います。

それでも僕は、人生を変えたいという思いから「安定」を捨てて、未経験でWeb業界に飛び込みました。

 

リスクは大きく、予想以上にキツい数年間を過ごすことにはなりましたが、それと同じくらい大きな収穫もありました。

 

「安定」というのは人それぞれだと思います。

 

福利厚生面や、ちょっとしたトラブルはカバーしてくれる体制面など、大手企業ならではのメリットもたくさんあります。

しかし昨今は、大手企業だから安定とは言えない時代ですよね。

 

僕にとっての「安定」とは「自分で生き抜くための力を得ること」でした。

あなたにとっての「安定」とはなんですか?

 

現状に不満を持っていたり、自分の人生を変えたいという強い想いを持っていたら、今からどう行動すべきか、一度考えてみることをおすすめします。

 

こちらの記事もおすすめです。

転職での失敗
転職で失敗しないコツ【30代で3回の転職経験から解説】
3回の転職経験から失敗を最小限に抑えるコツを解説。転職での失敗の正体を見極め、打つべき対策を紹介。
光
初めての転職の不安解消法とは?鍵は求人情報に「載らない」情報【経験談】
転職のミスマッチを減らす方法を解説。初めて転職する時の企業選び、エージェントを利用する時のポイントも。
テックキャンプ デザイナー転職
未経験からWebデザイナーを目指す方へ。 最短10週間でデザイナーとしてのキャリアがスタートできるプログラミングスクールです。 デザインの基本からHTML/CSSまでWebデザインを網羅的に学べます。 まずは無料カウンセリングから。
転職
てつごろうをフォローする
てつごろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました