CHAGE and ASKA【いまこそ聴くべき名曲】

CHAGE and ASKA音楽

こんにちは。

てつごろう(@Te256g)です。

なぜいまCHAGE and ASKA(チャゲアス)を紹介するの?と思った方が多いかもしれません。

敢えていま僕がこの記事を書こうと思った理由は、いまの時代だからこそ、胸に響く名曲を紹介したいと思ったからです。

ちなみに僕は小学生の頃からチャゲアスの曲を聴き続けていて、ファン歴は実に30年弱。

僕の人生はまさにチャゲアスとともにありました。

今回の記事は、チャゲアスを知らないという方に向けて彼らの功績と、コロナ禍の混沌とした時代に振り回されずに強く生き抜く力を与えてくれる隠れた名曲をご紹介します。

てつごろう
てつごろう

コアなファンしか知らないような曲も紹介するんだよ。

ぜひこれを機に、チャゲアスの良さを知ってもらいたいんだよ。

スポンサーリンク

1. CHAGE and ASKAの功績

まずはチャゲアスを知らないという方、有名な曲は知ってるけど詳しくは知らない、という方に向けて、チャゲアスの功績をご紹介します。

1-1. あのマイケルジャクソンと肩を並べた偉人

モナコ公国で開催された「The World Music Awards」という世界的な音楽祭に3年連続で招待されています。

Wikipediaによると、この音楽祭の過去の主な受賞者には

The World Music Awardsの受賞者(一部)

  • マイケルジャクソン
  • セリーヌ・ディオン
  • ボン・ジョヴィ
  • マライア・キャリー
  • コールドプレイ
  • マルーン5
  • マドンナ
  • ビヨンセ
  • エミネム
  • リッキー・マーティン
  • ブリトニー・スピアーズ
  • レディー・ガガ

引用)Wikipedia

要するに、世界的な大スターたちが名を連ねています。

ちなみに日本人の受賞者を挙げると、安室奈美恵、B’z、浜崎あゆみ、宇多田ヒカル、EXILE。

これだけでもチャゲアスの凄さは十分に伝わりますよね。

若い世代の方にも伝わるエピソード

最近の人向けにわかりやすく伝えると、星野源さんもASKAさんに憧れていたそうです。ラジオ番組の収録で対談をしていますが、注目はラジオ番組終了後。
15分頃の星野さんのリアクションは滅多に聴けない貴重なシーンなので、ファンなら聴き逃しなく。

星野源 憧れのASKAとの対談に感激!緊張が解けた瞬間が少年のような無邪気な反応で可愛く思える

1-2. ASKAはたくさんの楽曲提供もしている

ASKAさんは楽曲提供もたくさんしています。

■光GENJI「STAR LIGHT」

STAR LIGHT
1988年

■同じく「パラダイス銀河」

1988 光GENJI パラダイス銀河

■葛城ユキ「ボヘミアン」

葛城ユキ ボヘミアン(2019年7月)

まずはわかりやすい例として、チャゲアスの功績をご紹介してきました。

他にも挙げたらキリがありませんが、「YAH YAH YAH」や「SAY YES」をはじめ、ドラマや映画の主題歌としてもたくさん使われていることは言うまでもありません。

なので、もう言いません。

2. いま聴くべきCHAGE and ASKAの名曲

ここからがメインディッシュ。

この記事を書こうと思ったのは、チャゲアスの隠れた名曲の中には、コロナ禍ないまだからこそ胸に響く曲があることを知って欲しいという理由があります。

2-1. TURNING POINT(1986年)

まずは歌詞の一部を掲載します。

人は皆 一人ぶんの 孤独に耐えて

地図を拡げ 風が吹くのを待ってる

あいつのために生きれば いつか自分を愛せるさ

押し込められた時代に 瞳を閉じるのはまだ早い


君の愛する人を 息が止まるぐらい

もっと もっと もっと もっと 抱きしめてやれ

1986年のアルバム曲で、僕自身も何度となく聴いてきた曲ではありますが、いま改めてじっくり聴いたら大切なことに気づけました。

まずは「人は皆 一人ぶんの 孤独に耐えて 地図を拡げ 風が吹くのを待ってる」の部分。

なんとなく、いまの世相を反映していると感じませんか?

外出が規制される「孤独」な中、みんなそれぞれ大変な思いをします。

それでも「地図」つまり自分がいる場所と、これから向かうべき場所を確認して、「風」が吹いて辛い時期を乗り越えるという期待を抱いている。

そして最後のフレーズが、その解決策を示しています。

「君の愛する人を 息が止まるぐらい

もっと もっと もっと もっと 抱きしめてやれ」

大変な状況だからこそ、身近にいる人を大事にするべきだと。

いまは自分が生き抜くだけでも精一杯な状況。

周りに対しても、つい辛く当たってしまうのは人間として普通の感情かもしれません。

でも、そんなときだからこそ、近くで一緒にいてくれる人への感謝の気持ちを確認する。

みんなが辛いときだからこそ必要な、人への気遣いや優しさの大切さを思い出させてくれます。

CHAGE&ASKA 『TURNING POINT』 ('86)

2-2. YAH YAH YAH(1993年)

チャゲアスといえばこの曲ですよね。

マニアックな曲ではなく、敢えて定番曲を挙げました。

織田裕二さんと石黒賢さんが主演の医療ドラマ「振り返れば奴がいる」の主題歌で、ダブルミリオンを達成した曲です。

てつごろう
てつごろう

ちなみにドラマの中で流れるBGMもASKAさんが関わっているんだよ。

ここで僕が特に伝えたい歌詞は「YAH YAH YAH」と繰り返すサビ…ではありません。

注目すべき歌詞がこちら。

生きることは哀しいかい 信じる言葉はないかい

わずかな力が沈まぬ限り 涙はいつも振り切れる

2番のサビ後の間奏部分ですが、カラオケではここだけ歌われずに流されてしまいそうな、超マニアックな場所です。

がしかし、ファン歴30年にもなる僕だからこそ言いたい。

「YAH YAH YAH」の本質はここにあると思っています。

おそらく現代に生きる人のほとんどが経験したことのないような世界的な出来事に翻弄される一方で、SNSの誹謗中傷で命を落としてしまう人がいる。

生きる意味を見失ってしまい、誰の言葉を信じればいいのかわからなくなる。

それでも「わずかな力が沈まぬ限り 涙はいつも振り切れる」という言葉は、生きる力を与えてくれます。

[MV] YAH YAH YAH / CHAGE and ASKA

2-3. 心のボール(1990年)

ASKAさんとも所縁の深い福岡市が、市政100周年という記念のときに、ASKAさんが作詞・作曲した曲。

福岡市役所の電話保留音に使用されていたそうです。

まずはその歌詞です。

空高く蹴り上げた ボールが落ちてくるまで

少しだけ夢を見た 幼い日の夢

思い出は螺旋の風 訳もなく涙が降るよ 胸の中

だけどほら 人はほら 未来に生きてる

「ボール」を夢とか希望の象徴と捉えると、高く飛んでいる間はボールから手が離れている状態。

少し目を逸らすだけで、すべてを失ってしまうような、いまの時代を表している気がします。

そんなとき、子どもの頃に見た夢を思い出して思わず「涙が」溢れることもあります。

「だけどほら 人はほら 未来に生きてる」

このフレーズが、そんな時代の救いの言葉になっていると思うんですよね。

そして「ほら」が2回続くことで、すごく優しい言葉として心に沁みる。

平和で何事もない時代だとしても、憂さ晴らしのために人を傷つけるような言葉を浴びせられて、生きる意味が分からなくなることがあります。

まして、いまは世界中の人が混乱に陥っている。

そんなときだからこそ「未来」を見据えて、協力し合う姿勢が大事だと思わせてくれます。

[MV] 心のボール / CHAGE and ASKA
スポンサーリンク

3. 隠れた名曲の中にアーティストの真髄がある

今回は「いまこそ聴くべき名曲」と題して、CHAGE and ASKAの隠れた名曲をご紹介しました。

敢えてマニアックな曲も紹介した理由は、チャゲアスの魅力を知っていただきたかったことと、隠れた名曲の中にこそ、アーティストの真髄が見て取れることをお伝えしたかったからです。

チャゲアスはもちろん、まだ知らないアーティスト、知らない名曲はたくさんあります。

その中には、辛く厳しい時期を乗り越える勇気を与えてくれる曲も多いはず。

みなさんもそんな曲を探してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました